UKIYO BLOG

もやし入荷はじめました。

運命の唄

 「運命の唄」 作詞 UKIYO

 

 <1番>

 何かを手にする事よりも失うことが怖いんだ

 手にしたらもう手放さぬようずっと握り締めるんだ

 友達という名の存在を一度知ってしまったら

 孤独の痛みを起こさぬように戦い続ける

 這いつくばって しがみついて それでも掴めない皆の手を

 何回だって手を伸ばして たとえその手が離れていっても

 <サビ>

 光り輝く太陽が僕を見て笑った また今日も太陽は昇り出す

 

 <2番>

 僕の生きた証明を残していく為にまた

 僕は孤独と戦い始める

 もう一度あの日に手にした何かを取り戻す為に僕は

 何回だって立ち上がり続ける

 

 手にした自分 失った自分 僕は僕と戦っていた

 僕が僕になろうとして僕は僕を倒そうとした

 新たな僕に生まれ変わる為に 世界の中に沈まぬよう

 僕という怪物と戦い 僕を手にしようとした

 足跡ばかり追いかけて僕は僕を見失ったんだ

 押さえつけてた痛みが再び僕の体に蘇る

 <サビ>

 ずっと輝いていた太陽も眠りにつく時が来たんだ

 追いかけ続けていたモノが突然消え去る瞬間を

 何にも見えなくなっていて向かう先すら分からない

 こらえ続けた痛みの感覚も分からなくなってしまったんだ

 

 「手を伸ばせ」これ誰の声? 「いいから早く」不安を抱く

 「信じてみろよ」聞いたことある・・・

 「一人じゃない皆がいる」

 そうだ この声は僕だった 僕の探していた僕だった

 「目の前にある扉を開けて一緒に新たな世界へ行こう

 その先に待つ未来へ行こう」

 <サビ>

 僕が手にした大切な何か 今だからこそ分かる気がするんだ

 言葉で説明できるほど簡単なものじゃないってこと

 つないだ手をもう離さぬようしっかり握り締めるんだ

 消え去ったはずの太陽がまたゆっくり昇り始めたんだ

 僕という一つの存在をずっと照らし続けるかのように

 

 

 

 この曲は半年前の自分と今の自分を比較した曲かな・・・。

 この間無事に引退したんで、高校生活(特に部活)を振り返った曲でもあるかなw

 てかむしろそっちな気がするww

 そういう、友達とか後輩の大切さに対する俺の思いも入ってて、

 この曲は結構そういう色んな思いを込めてます。

 その割にまだコードとかできてないよォォォォ!!!!!!!!